健康コラム

歯のシリーズ その2 「歯周病」

2018年 2月 8日
 こんな症状はありませんか。朝起きた時、口の中がネバネバする、硬い食べ物が噛みにくい、歯と歯の間の隙間に食べ物のカスが詰まりやすい、歯ぐきが痛いとかむずがゆい、歯ぐきが赤く腫れる、歯ぐきが痩せて歯が長く見える、歯が少しぐらつく、歯磨きすると血が出る、口臭が気になる、など。こんな症状の原因は歯周病です。慢性化して歯ぐきから膿が出るほどになると、歯槽膿漏とも呼ばれます。 
歯のシリーズ その2 「歯周病」

 
 歯周病は、歯と歯ぐきの間の溝(歯周ポケット)にポルフィロモナス・ジンジバリス菌などの歯周病菌が増えて起こります。甘いものを沢山食べたり、歯磨きが不十分だったりすると、粘っこく白いカスが歯や歯ぐきにべったりくっ付きます。これが歯垢(プラーク)です。歯垢は歯周病菌の集合住宅のようなもので、歯の間や歯周ポケットの中で増え、やがて固まって歯石となり固着します。歯垢が増えると、その中に棲む菌が毒素や色んな有害物質を出して炎症(歯周病)が起きます。歯ぐきの表面がむくんで赤くただれ、さらには潰瘍ができ、歯を支えている骨を溶かし、やがて歯を失います。歯を失う最大の原因がこの歯周病です。
 歯垢はうがいをした程度では落ちません。歯周病菌は糖分をエサにして増殖しますので、特に糖分の多い物を食べた後はしっかり歯を磨く必要があります。取り分け歯ブラシの毛先が届きにくい歯周ポケットは歯垢がたまりやすいので、歯ブラシに加えてデンタルフロス、歯間ブラシなどを使い、毎日、できるだけ毎食後に丁寧に掃除(口腔ケア)をすることが大切です。定期的にかかりつけの歯科で歯石取りなどの管理を受けることもお忘れなく。