健康コラム

男性更年期

2017年 12月 18日
 多忙な50歳前後の男性で次のような症状が幾つかあれば、ひょっとしたら男性更年期かも。気分が落ち込み集中力がない、不安感が強い、イライラし怒りっぽい、眠れない、胃が重く食欲がない、便秘や下痢を繰り返す、よく頭痛・耳鳴り・目まいがする、汗をよくかく、よくノドが渇く、性欲減退、ED(勃起障害)、酒・タバコが増えた・・・。
症状は女性の更年期に似ています。原因は男性ホルモン(テストステロン)の低下とも云われますが、ストレスで悪化して、時にはうつ病にまで進むこともあります。閉経という節目がある女性では、「更年期かも」と気付きやすいのですが、男性ではそれと分からないまま、不調を抱えてうっとおしく過ごす人もいるようです。

男性更年期

 
 不平不満を友達とのお喋りでスッキリさせてしまえる女性に比べ、男性は総じてストレス発散が不得手です。ついお酒やタバコ、賭け事とか、時には女性に走るとか・・・。感心できないやり方ですが、それで発散できればまだしも、特に真面目一方で人づき合いが苦手、仕事以外に趣味もない、というような人は男性更年期にご注意を。
 更年期かなと思えばまずセルフケア。過重な仕事や人との不仲などがストレスになっていないかを振り返り、それをうまく発散させること。お勧めは、鬱積した心身の不調をバッティングやボクシング、ジムなどで振り払う、カラオケで歌ってモヤモヤを吹き飛ばしてしまうなど。脚力があればジョギングや登山もよいでしょう。それでも具合がサッパリしなければ、ぐずぐず放っておかずに内科や精神科の先生にご相談を。