健康コラム

甲状腺、知ってます?

2016年 5月 25日
 5月25日は世界甲状腺デー。「甲状腺って、何?」と思う人も多いでしょう。のどの辺りにあって、体の活力(新陳代謝)を調節している器官です。甲状腺の働きが強すぎるとバセドー氏病などの甲状腺機能亢進症、働きが弱れば橋本病という甲状腺機能低下症。
 「フーン、そんなん私に関係ないわ」と言うのは、ちょっと待って!日本人の10人から20人に1人は甲状腺の異常があり、中年女性にはとりわけ多いといわれます。

甲状腺、知ってます?

 

 人よりも暑がりで汗かきで、よくイライラしたり、物事に集中できなかったり手が震えたり、運動していなくても脈が速く、動悸がしたり時には脈が乱れたり、食欲が旺盛なのに体重が減り、目が大きく見開いたよう、みたいなことがあったら…ひょっとすると甲状腺機能亢進症かも。また、人よりも寒がりで、皮膚に潤いがなくカサカサになったり眉毛が抜けたり、動作が鈍くて気持ちもシャンとせず、疲れやすくてよく居眠りし、顔がむくんで何か冴えない感じ、というようなことなら、甲状腺機能低下症の恐れがあります。
 年に1度の定期健康診断には甲状腺の検査はなく、一般人はもとより、甲状腺にあまり注意を払わないお医者さんも多いので、病気が見逃されていることが少なくありません。人々の関心を高め、病気が進行する前に適切な治療を受けることができるよう、世界甲状腺デーが設けられました。思い当たるような症状があれば、お医者さんにご相談ください。